快適なネット環境を保つために押さえておきたいポケットwifi関連のQ&A

通信エリアの範囲外だと全くネットが使えないのか

データ通信量を気にすることなくインターネットを使えることがメリットのポケットwifiですが、
使用中にネットがつながらない時の原因の多くは「使用している場所」が関係しています。
 
ポケット選びの基本中の基本は「通信エリア」
ポケットwifiを契約するときに最も重要になるポイントが「通信エリア」に関することです。
どれだけデータ通信量が多くても、ポケットwifiを使う場所が各通信キャリアのエリア外であれば元も子もありません。
例えば、新幹線に乗っているときにポケットwifiを使うと非常に分かりやすいのですが、移動中に何度も電波が途絶えたり、
通信状態が不安定になったりするのは、移動に伴い通信エリアの範囲を出たり入ったりするためです。
そのため、ポケットwifiのインターネット回線を快適に使いこなすためには、
ポケットwifiレンタルをする前には必ず各通信キャリアの通信エリアをよく確認することが大切です。
また、通信エリア外であっても微量の電波を受信することもありますが、スムーズにネットを使うためには
やはり通信エリアの範囲内でポケットwifiを使うことがベストだといえるでしょう。
 
通信エリア内でもネット回線の強弱がある!?
各通信キャリアが掲載している通信エリアの範囲内にあっても、いつでもどこでもネットの通信速度が同じというわけではなく、
それは電波の特性が大きく影響しています。
例えば、大きなビルや線路といった障害物があると、それらの障害物にあたり反射を繰り返しながら私達のもとに届きます。
そのため、その反射の数が多いほど電波は徐々に弱くなり、通信速度が低くなってしまうことがあるのです。
その他にも、電波を発している基地局から離れてしまうと、自ずと電波が弱くなるという特性もあります。
このように、反射を起こしやすいビルや、基地局から遠い山などは通信エリア内だったとしてもネット回線が弱くなる可能性が高いのです。